間違いだらけのノート

間違いだらけのノート

間違いだらけのノート


みなさん、こんにちは。
マナビエルナビゲーター、
オレゴン州ポートランド在住の真美です。

今日は
我が家の長女が
アメリカの小学校に入って間もなくのこと、
もう9年前のことですが、
大きな衝撃を受けた日のエピソードを
ご紹介したいと思います。


ある日、
算数テストや単語テストなどのプリント、
授業中のノートを家に持ち帰ってきました。

毎日楽しく通学し、
その日あった出来事を
目をキラキラさせながら
話してくれていたこともあり、
私も
“どんなことを学んでいるのかな、
理解できているかな?”と
ワクワクしながら
プリントやノートに目を通しました。

すると、、、、、、、

えっ??!! 
間違いだらけ。

というかほぼ間違い。

あれぇ、授業についていけてないのかぁ。。

さて、どうしたものか。。

あまりの『 ✓ 』(チェック)の多さに、
言葉を失いかけましたが、

「ん?!!」

よく回答を見てみると、
あれ?
これ合っている!
ということに気づきました。

先生の採点ミスかと思いきや、
そうではなく、
根本的な考え方・見方の違いがありました。

私は『 ○ 』が正解、
『 ✓ 』または『 × 』は不正解
という考え方をしていましたが、
逆の考え方だったのです。

『 ✓ 』は正解。
『 ○ 』が不正解。 

私にとっては衝撃的な出来事でした。

でも…

間違えが〇って…なんかいいよね♪


間違えて『 ○ 』をもらえるって、なんかいいな!

間違いは『 × 』じゃない。
間違いはマル!
間違いは学びのチャンス!

そんなメッセージを
アメリカの小学校1年生のプリントから
受け取ることができました。

写真は、当時のプリントではないのですが、
2年前の娘のノートの一部です。

ご覧のとおり、
『 ✓ 』の入っているところは正解。
『 ○ 』のついているところが間違いです。

(約分を忘れていますね!正解は8/11)

(娘のいつものノートより)

失敗こそチャンス


正解を導き出すことも大事だけれど、
その導き方を間違いながら習得していく。

「学び」って本来そういうものであって欲しい。

衝撃的だった9年前のこの日を境に、
我が家では
○のついたプリントやノートがあったら、

「おっ!チャンス、チャンス!」
と声をかけるようになりました。

学びだけに限らず、
人生だって
失敗や間違いを繰り返しながら、
それが経験となり、力となり、
彩り豊かな日々に繋がっていくのだから。

そんな間違いだらけ
(私がそう思っていただけですが)
の娘のノートは、
大切なことに気づかせてくれた
素敵なノートでした。



マナビエルコミュニティ担当 川俣真美

そだてるカテゴリの最新記事